ホルモンバランスを整えて背中ニキビをケア

ホルモンバランスが崩れるとニキビができる

ホルモンバランスの崩れによる背中ニキビに悩まされているという女性は多いのではないでしょうか。
排卵や生理や妊娠や出産や閉経などにより女性はホルモンバランスが崩れやすくなり、それによってニキビができてしまうというひとがたくさんいます。
プロゲステロンという黄体ホルモンが増えてエストロゲンという女性ホルモンが減るとバランスが崩れて肌環境が悪化し、肌の乾燥が激しくなったり皮脂が過剰に分泌したりしてニキビができやすい状態になってしまいます。
対策としては、ホルモンバランスの崩れを整える働きがあるサプリメントや漢方薬を摂取する、健康的な食生活や規則正しい生活リズムを習慣づける、ストレスをためないなどを心がけることが大切です。
生活習慣を見直してにきびに負けない肌環境をつくっていきましょう。

 

ホルモンバランスとニキビ菌の関係

背中ニキビは、ホルモンバランスの乱れとマラセチア菌増殖が主な原因となります。
肌の乾燥、睡眠不足、生理等の各種要因により、男性ホルモンが過剰に分泌され、ホルモンバランスが乱れてしまいます。
男性ホルモンは体内の皮脂分泌を促し、角栓を発生させたり、毛穴を縮小させたりします。
元々、背中は皮脂腺が多く、ただでさえ過剰な皮脂が分泌されやすい部位のため、特に状況がひどくなりやすいのです。
そして、毛穴が詰まり、内部に多量の皮脂が蓄積された白ニキビが発生してしまいます。
そして、この白ニキビに皮膚の常在菌の一つであるマラセチア菌が入り込み、多量の皮脂を餌として増殖を繰り返し、毛穴の内部に炎症を引き起こしてしまうのです。
この状態が背中ニキビです。
背中ニキビの治療は、まずはストレスの軽減と、背中の保湿ケア、ビタミンC含有の化粧水を用いることが有効です。
ただし、大量に発生している場合は、医師に診てもらいましょう。

 

背中ニキビはホルモンバランスを整えると治る!

背中ニキビに悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。
その原因は食生活の乱れやストレスや運動不足や寝不足など様々ですが、ホルモンバランスの乱れもその一つです。
とくに女性の場合は排卵、生理、妊娠、出産、閉経などがありそのたびにホルモンバランスが乱れて肌環境が悪化し、乾燥したり皮脂が過剰分泌したりしてしまいニキビができやすくなってしまいます。
ですので、ホルモンバランスを整えて体の中からニキビケアをすることが重要になります。
具体的な方法については、栄養バランスのとれた食生活を心がける、運動や入浴などで代謝を高める、良質な睡眠をとって自律神経の乱れを整える、ホルモンバランスの乱れを整える効果がある漢方薬やサプリメントを摂取するなどがあります。

 

ホルモンバランスってどうやったらケアできるの?

生理前になると背中ニキビができてしまうという女性は多いのではないでしょうか。
その原因はホルモンバランスの乱れです。
排卵後に分泌されるプロゲステロンという黄体ホルモンが優位になり、エストロゲンという女性ホルモンが劣位になるとバランスが乱れて皮脂の分泌が多くなったり乾燥したりしてニキビができやすくなるというメカニズムです。
ニキビだけではなく、自律神経が乱れたりストレスがたまりやすくなったりイライラしたりなどの心の不調や、便秘や肩こりや腰痛や腹痛や頭痛やむくみや肌荒れなどの体の不調を起こしやすくなります。
ホルモンバランスの乱れを整えるケアとしては、エストロゲンを増やす効果があるサプリメントや月経前症候群の症状の緩和に効果がある漢方薬の摂取がおすすめです。

 

女性ホルモンの分泌でホルモンバランスを整えよう!

背中ニキビや、顔にニキビができやすい方の中には、ホルモンバランスが乱れていることが原因の場合があります。
ホルモンバランスが崩れる原因には、生活習慣の乱れによることもありますので、自身の生活習慣を見直していくことでホルモンバランスの乱れを整えていく事が大切です。
皮脂の過剰分泌などを抑えるためにも、ホルモンバランスの安定は重要だといえるので、できるだけ規則正しい生活習慣を身につけていきましょう。
また、ニキビ対策としてだけでなく、肌をきれいに保つためにも肌ケアはかかせません。
化粧水や美容液、保湿クリームなどを使うことで、肌にツヤとうるおいを与えることも忘れないようにしましょう。
定期的な肌ケアをして肌荒れや乾燥肌を防ぐことも大切です。