今すぐ治したい!デート前の緊急背中ケア|ニキビキュア

今すぐ治したい!デート前の緊急背中ケア

夏は背中を見せる機会が増える

 

背中ニキビの原因は、食生活、肌の乾燥、睡眠不足、精神的ストレスなどによりホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが過剰分泌され、皮脂分泌の促進、角栓の発生、毛穴の縮小を引き起こし、小さくなった毛穴に角栓が詰まり、白ニキビになります。

 

白ニキビが悪化し、毛穴内部で炎症を起こしてしまうと、赤く腫れたニキビになります。

 

ひどい場合は、跡が残ってしまうので、皮膚科の受診をお勧めします。

 

このような状態を作らない為にも、日頃のケアが大切です。

 

毛穴を詰まらせない為には、保湿ケアをしっかり行い、皮脂の過剰分泌を抑えるビタミンC誘導体を含有した化粧品を使用することが推奨されています。

 

食生活の乱れもニキビの原因の1つなので、外側からのケアだけでなく、食事でもビタミンやミネラルを意識して摂取するようにするとより効果的です。

 

夏は背中ケアが必須

 

露出の多いファッションや水着を着る機会が増える夏は、背中のケアも忘れてはいけません。

 

背中ニキビができてしまっている方も多いですが、ニキビは毛穴が皮脂などで詰まり、そこに菌が繁殖してできてしまいます。

 

背中はシャンプーやリンス、ボディーソープなどが洗い流されずに残ってしまうことが多いので、ニキビになってしまうのです。

 

お風呂から出るときにきちんと背中を流し、清潔な状態になったところに化粧水などで保湿することが大切です。

 

また、食生活でも脂質の多いものを避けたり、繊維質の多いものを摂取して体の毒素を排出することを心がけることが必要です。

 

また、汗をかいたときは、汗を拭く、着替えるなどで常に清潔な状態に保っておくことが背中ニキビを防ぐ方法です。

 

海に行く前の背中ニキビケア方法

 

ニキビは背中にできやすいです。

 

その理由は背中は汗をかきやすいためです。

 

背中ニキビのケア方法ですが、暑い夏場に毎日のようにつづければ大抵のニキビは防げます。

 

その方法ですが、風通しや吸水性のいいコットンやシルクなど天然素材100%の洋服に着替えることです。

 

睡眠時におけるニキビのケア方法ですが先ほど言ったように天然素材を使用したパジャマに着替えて、できれば毎日のようにパジャマを替えて寝るといいと思います。

 

パジャマを毎日のように替える理由は、寝ている間は汗がたくさん出るため、ばい菌が大量発生しているからです。

 

ただ、パジャマを毎日のように替える人は極少数派だと思いますが、ニキビに悩んでいる方は替えてみるのがおすすめです。

 

大抵の量販店や専門のお店に多少値段は高いですが天然素材のがあるので買ってみるといいと思います。

 

背中ニキビはすぐに治るものなの?

 

 10代の女です。

 

私は、小学校中学年くらいから背中ニキビができ、長く悩まされてきましたが、高校に入ってから背中のニキビをなくすことができました。

 

 結論から言うと、すぐには治りません。

 

しかし、生活の中でちょっと気をつけてケアするだけで、病院で治療をしなくてもいつの間にか治ってしまいます。

 

 ポイントは2つ。

 

1つはお風呂での体の洗い方です。

 

シャンプーやコンディショナーを先に済ませてから体を洗いましょう。

 

シャンプーやリンスの成分には油分が含まれているので、洗い残すと背中ニキビの原因になります。

 

また、汚れを取ろうと強くゴシゴシ洗うと角質が取れすぎて逆にニキビができやすくなるので、やさしくなでるように洗うことが大切です。

 

 2つ目は食生活です。

 

油や糖分の多い食事を頻繁にする人は、背中ニキビができやすいです。

 

栄養バランスに気をつけた食生活に変えることは、背中ニキビをなくすだけでなく健康な体づくりにも役立ちますよ。

 

背中ニキビケアは毎日のお手入れが大切

 

背中ニキビは乾燥やストレス、睡眠不足やホルモンバランスの乱れ、栄養バランスの偏りなど、様々なことが原因で発生してしまいます。

 

背中ニキビケアの方法は、毛穴を詰まらせる原因を取り除くことと、肌の乾燥を防ぐためにしっかりと保湿することが大切です。

 

お風呂でナイロンタオルを使ってゴシゴシと体を洗ってしまうと、背中ニキビが悪化する可能性があるので、できれば抗炎症作用や殺菌成分が含まれている、背中ニキビ専用の石けんやボディソープで優しく体を洗いましょう。

 

そして、背中ニキビ専用の化粧品でケアすることも大切です。

 

抗菌作用や抗炎症作用、保湿成分などが配合されていて、肌に負担のかかりやすい香料や着色料、パラベンなどが含まれていないもので保湿しましょう。