背中ニキビを治す方法|おすすめの対策と対処法

背中ニキビの3大原因とは

背中ニキビは顔や他の部位にできるニキビと同様に、毛穴に角栓が詰まり皮脂やアクネ菌が溜まることで起こります。
その原因は様々ですが、特に毛穴に角栓が詰まる理由としては、体を洗った後のボディソープや洗髪によるシャンプーのすすぎ残しで、背中に付いたままだと、成分が残ったままで皮膚が過剰に反応して皮脂を分泌する結果となってしまいます。
近年ではシャワーを浴びて終わる人も多いので、湯船に浸かるなど背中を清潔に保つことが大切です。
次に起こるのは衣類の摩擦や、洗剤の残りカスによる刺激で、肌触りの良くない服を着ていると皮膚に負担をかける結果となってしまいます。
乾燥した時期では、静電気による刺激を受けるので肌に負担がかかりニキビができやすい環境になります。
また、精神的なストレスや喫煙、お酒などの内的な要因によってホルモンバランスが崩れると、皮脂が過剰に分泌されるため毛穴が詰まりやすくなるので注意しましょう。

背中ニキビを3つのケアで改善

背中ニキビは、年齢や性別を問わず誰にでもできます。
服で擦れるので悪化しやすく、痛いので厄介ですね。
この背中ニキビを撃退するには、3つのケアが重要となります。
まずは汚れや皮脂をしっかりと落とすことです。
ナイロンタオルでゴシゴシ洗いしている人が多いですが、これだと悪化してしまう可能性があります。
柔らかいスポンジでしっかり泡を作り、この泡で優しく洗うのが良いでしょう。
そして、入浴後はしっかり保湿することです。
水分が不足すると肌バリアが壊れ、雑菌がますます繁殖しやすくなってしまいます。
市販のボディローションで大丈夫なので、入浴後はしっかり塗っておきましょう。
そして、既にできているニキビに対しては、市販のものでよいので薬を塗った方が良いですね。
こういったポイントを抑えれば、しつこい背中ニキビも改善できるでしょう。

毛穴に詰まった皮脂汚れをしっかり落とす

背中ニキビの原因となるのが毛穴に詰まった皮脂なのです。
皮脂はボディソープで洗えば大体は落ちますが、毛穴の内部に詰まった汚れは簡単には落ちません。
これを落とすためには洗浄する前に、ゆっくりと入浴して毛穴を開かせることです。
入浴することで汚れも蒸れてくるので、より落としやすくなるのです。
背中は特にニキビが発生しやすい部位であり、目視での確認が難しいのが欠点です。
背中を触れてみて脂ぎっているようなら、皮脂分泌が活発になっています。
毛穴に詰まった皮脂・汚れを落とすためには、専用のボディシャンプーがおすすめです。
生クリームのようにモコモコになるまで泡立てましょう。
泡粒が大きいと毛穴の内部に入りにくいので、きめ細かくなるまで泡立ててください。

抗炎症成分で背中ニキビの悪化を防ぐ

背中に出来た背中ニキビは、手の届かない場所になるので余計に気になる部分です。
しかも、背中が出るファッションをしようと思った時、背中ニキビを隠すのは難しいので、一刻も早く治療をしなければいけません。
治療をするというと何をすれば良いのかといえば、ニキビは毛穴に詰まった汚れや細菌によって引き起こされた炎症なのですから、抗炎症成分が入った薬を使って鎮めるのが一番効果的です。
抗炎症成分を含んだ薬は、飲み薬と塗り薬がありますが、塗り薬としてよく用いられるのは抗生物質ですが、副作用の危険もありますから、妊娠中の女性には向きません。
しかし、健康な人であれば、飲み薬と塗り薬、両方を使って治療していく事が多いです。

肌の乾燥を防ぎ、健康に保つ

背中ニキビは皮脂分泌が増えるほど発生しやすいですが、乾燥も原因となることを覚えておきましょう。
乾燥した肌はカサカサになって潤いがなくなりますが、過度の乾燥は脂性肌を招くことがあります。
肌の自己防衛作用により、過剰に皮脂分泌を促進して保湿させようとするのです。
乾燥も背中ニキビを促進させるので、普段から保水して健やかに保ちましょう。
保湿が十分な部位は肌トラブルが非常に起こりにくいので、乾燥している方は洗浄後の保湿を徹底しましょう。
背中は目視で確認しにくく、手も届きにくいのでケアが疎かになりがちです。
だからこそ保湿を徹底し、化粧水で十分な潤いを与えていく必要があります。
化粧水をたっぷりと使用してお肌を鎮めたら、夜は早めに眠るように心がけましょう。

背中を乾燥から守るケア方法

背中は見えない部分ですが、意外と問題を抱えていたりします。
自分自身は気がつかなくても、他人からは丸見えですので注意が必要です。
背中ニキビは、よくできるものです。
背中ニキビができる原因は、お肌の乾燥や摩擦、ホルモンバランスの乱れなどです。
洗いにくいために皮脂汚れが残ってしまっていたり、洋服との摩擦でお肌が傷ついてしまうために起こります。
背中を乾燥から守るケア方法は、背中ニキビ用の保湿クリームを使うことです。
その他には、体を洗うときに石鹸をしっかり泡立てて洗うことです。
ザラザラのタオルはお肌に刺激を与えてしまいますので、手で洗うか綿素材の優しいものを使うといいでしょう。
しっかりケアして背中ニキビをなくしましょう。

背中ニキビに効果的な食生活

なかなか治らないニキビに悩んだことがある人は少なくありません。
自然治癒してしまえばいいのですが、なかなかそうはいきません。
跡が残ることもあり、ニキビを見つけると気が重くなります。
そもそもニキビはなぜできるのでしょうか。
ニキビは毛穴に皮脂が詰まり、アクネ菌が増殖した結果、毛穴の中で炎症を起こしてしまう症状です。
アクネ菌は常在菌の為、どの人の皮膚にも存在している細菌です。
背中ニキビはできやすい場所の為、気づいたらたくさんのニキビが出来ていて驚くことがあります。
しかも背中はなかなか気付きにくく、ケアのしにくい場所です。
背中ニキビを改善する効果が期待できる方法の一つは食生活に気を付けることです。
糖質や脂肪、刺激物などの過度の摂取は控えましょう。
背中ニキビの改善に効果がある栄養素としては、様々なビタミン類をきちんと摂取する事が大切です。