背中ニキビを潰すのはダメ?間違った方法だと悪化します

背中ニキビを潰すのはダメ?間違った方法だと悪化します

背中ニキビを見つけるとどうしても潰したくなるものですが、背中ニキビに限らずニキビには潰してもいいニキビと潰してはダメなニキビがあります。
ニキビには大きく分けて
白ニキビ
黒ニキビ
赤ニキビ
とありますが、この中で潰してもいいのは白ニキビと黒ニキビです。

 

赤ニキビは炎症が起きている状態で、悪化する可能性が高くニキビ跡になる可能性があるので、赤ニキビを潰すのはおすすめしません。

 

適正な方法でニキビを潰すことで早く治ったり、ニキビ跡の悪化を防ぐことがあります。
ただし、間違ったやり方だとニキビが悪化したり、ニキビ跡が残ることもあるので注意が必要です。

ニキビを潰すのはニキビの芯(角栓)を取る事

一般的にニキビを潰すという行為はニキビの芯(角栓)を出すことです。

 

ニキビは毛穴に詰まった角栓が蓋をしてしまい、その中でアクネ菌などの細菌が増殖して炎症や膿が発生します。
炎症がひどくなる前に角栓を取り除きアクネ菌などの細菌を消毒することで炎症のおさまりが早くなり、ニキビ跡になりにくくなります。

 

背中にできたニキビに関しては自分でニキビの芯を取るのが難しいので、芯出し治療を行っている皮膚科にいくのも良いかもしれません。
手元が見えない状態でニキビを潰すと悪化させてしまう可能性が高くなるので、背中ニキビに関しては皮膚科に行くことも考えてみましょう。

ニキビの正しい潰し方(芯出し)

ニキビの中に溜まっている細菌や膿を出すために穴をあけるためのまち針や安全ピンを用意しましょう。
この時使うものはしっかりと消毒しておきます。

 

穴をあけたニキビからニキビの芯を押し出すときに使用する「コメドプッシャー」を用意します。
コメドプッシャーが無いからと爪で押し出す人がいますが、爪からバイ菌が入って悪化することがあるので爪で押し出すのはやめましょう!

 

まずはしっかりとニキビを潰す場所を洗って清潔にします。
顔なら洗顔、背中ならボディウォッシュを行い肌を清潔にします。

 

針などでニキビの表面に穴をあけ、膿や芯が出やすい状態にします。

 

穴があいたらコメドプッシャーを押し当ててニキビの芯や膿を押し出します。

 

芯や膿が出た後に血が出てくることもありますがそれらを拭き取り、傷跡を消毒します。

 

消毒後、市販のニキビ薬などがあれば消毒後に塗れば完了です。