背中ニキビの原因は男性ホルモン!?

男性ホルモンが背中ニキビの原因になる?

 背中ニキビは通常服を着ている間は目立つというわけではありませんが、シャワーを浴びたり海水浴などのレジャーをする場合などにおいては気にしてしまいがちです。
原因として考えられているものには男性ホルモンと菌が関係しています。
 ニキビが出るには男性ホルモンが一つの原因となることがあります。
女性でも男性ホルモンはごく普通に存在しています。
過剰に分泌されてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまうことになりニキビができることがあります。
しかし、男性ホルモンは背中ニキビの一因ではありますがそのほかにもカビが原因だったり、皮脂の過剰分泌が原因だったりします。
紫外線についてのケアはもちろん、睡眠不足など不規則な生活の解消がニキビを治す近道といえるでしょう。
 最近では背中ニキビ専用の化粧品も売られてていますので、以前よりは対処しやすくなっています。

 

男性ホルモンはストレスを感じると増加する

男性ホルモンはストレスを感じると増加してしまいます。
そのため、ストレスによっても背中ニキビは酷くなってしまいます。
ストレスを受けると、自律神経は交感神経が優位になります。
交感神経が優位になったときには、男性ホルモンが分泌されやすい状態になります。
それにより男性ホルモンが過剰に分泌されることになり、ホルモンバランスが乱れます。
男性ホルモンには皮脂の分泌を促すという働きがありますし、角栓を発生させたり、毛穴を縮小させたりするため、背中ニキビが出来やすい状態になってしまいます。
男性はもちろん、女性でもストレスを感じると男性ホルモンが増えて背中ニキビが出来やすくなります。
背中ニキビを作らないためにも、ストレスは適度に発散するようにしましょう。

 

男性ホルモンが増えるとニキビ菌が増える?

男性ホルモンが増えるとニキビ菌が増えます。
なぜなら男性ホルモンが増えると皮脂の分泌も多くなるからです。
背中ニキビの原因菌であるマラセチア菌は皮脂を餌にして増殖し、刺激物質を作って背中ニキビを悪化させます。
また、男性ホルモンは角栓や毛穴の縮小の原因にもなります。
そのため、男性ホルモンが増えると、背中ニキビはできやすく、悪化しやすくなってしまいます。
ホルモンバランスの乱れは健康にもよくありませんので、ホルモンバランスが崩れないような生活を送るようにしましょう。
ホルモンバランスを乱さないためには、ストレスを溜めないようにこまめに発散したり、しっかり睡眠をとったり、休息をしっかりとって過労を避けるなどのことが効果的です。

 

アクネ菌を減らすにはホルモンバランスを正常にすることが大切

背中ニキビはストレスなどによってホルモンバランスが崩れることで起こります。
人はストレスを受けると男性ホルモンが過剰分泌されます。
そうなると、皮脂分泌の促進や角栓の発生や毛穴の縮小を起こしてしまい、入り口が狭くなった毛穴に角栓が詰まり、内部に多量の皮脂が閉じ込められる現象が起こります。
これが、背中ニキビであり、白ニキビとも言われています。
この毛穴に詰まった皮脂をえさにどんどんアクネ菌が繁殖していきます。
こうして毛穴の内部に炎症がおき、赤く腫れた本格的なニキビへと悪化してしまうのです。
一番大事なのは、背中ニキビの根源であるストレスを解消するべきですが、皮脂の過剰分泌を抑えてくれるビタミンCを背中に塗るなどのケアも予防改善にオススメです。

 

女性のホルモンバランスを整えるケア方法は?

現代人は仕事や人間関係で様々な悩みや問題を抱えている人が多く、ストレスを持った方ばかりです。
そんな方に比較的多いのが背中ニキビの悩みを抱えている人です。
背中ニキビは、男性ホルモンの過剰発生によって起こります。
男性ホルモンが過剰に増えれば、皮脂分泌の促進によって毛穴が詰まり、毛穴の内部に多量の皮脂が閉じ込められる現象が起こります。
放っておけば、毛穴の内部に炎症が生じて、ニキビができます。
この背中ニキビをケアする方法として、ストレスを改善したり、しっかり睡眠をとったり、皮脂の過剰分泌を抑えてくれるビタミンCを含有する化粧品を塗ることがオススメです。
またシャンプーに含まれるシリコンが毛穴を詰まらせる原因となることもあるので、ノンシリコンシャンプーに切り替える方法もあります。