皮脂を過剰分泌する男性ホルモンを減らすには?|ニキビキュア

皮脂を過剰分泌する男性ホルモンを減らすには?|ニキビキュア

男性ホルモンの増加は背中ニキビの原因に

ある日突然気が付いたら背中に大量のニキビが出来ていたという経験のある女性もいると思います。
その主な原因はホルモンバランスの乱れです。
ホルモンバランスの乱れによって角栓発生を促す作用のある男性ホルモンが過剰に分泌されてしまい、毛穴が詰まってしまうのです。
男性ホルモンの過剰分泌の原因には、ストレスや睡眠不足、疲労の蓄積などがあります。
背中ニキビを予防するには規則正しい生活やバランスの良い食生活が大切です。
初期の段階であれば背中を清潔にしてビタミンC誘導体配合の美容液などをつけると改善が期待出来ます。
しかし、ニキビが赤く炎症を起こしていたり広範囲にわたり発生している場合は、皮膚科で診察してもらい適切な治療を受ける必要があるので注意してください。

 

男性ホルモンは皮脂を過剰に分泌してしまう

背中ニキビ、できていませんか。
普段自分の背中を見ることはありませんが、気付かないうちに、背中にブツブツとしたニキビが出来ている、という女性も多いんです。
知らないうちに背中ニキビを悪化させてしまい、酷い状態になってしまう事も。
背中ニキビの原因の多くは男性ホルモンの過剰な分泌とカビです。
この男性ホルモンが分泌されると皮脂腺が刺激され、皮脂が毛穴に詰まってしまいニキビが発生、悪化してしまいます。
男性ホルモンはストレスや睡眠不足など自律神経のバランスを崩してしまうことが原因で多く分泌されるものなので、背中ニキビを発見してしまったら自分の生活を見直して規則正しい生活を送るように気をつけることが大切です。

 

皮脂の過剰分泌を止めるには女性ホルモンを増やすこと

背中の開いた服を着ておしゃれを楽しみたい女性にとって、背中ニキビはゆううつなものです。
ニキビの原因は皮脂の過剰分泌によって毛穴がつまり、炎症を起こすことによって起こります。
皮脂の分泌量には個人差がありますが、特に男性ホルモンが関連しているといわれています。
女性の体内にも男性ホルモンが存在していて、その量が多い人の場合は、皮脂の分泌量が増えてしまいます。
皮脂の分泌を抑えるには逆に女性ホルモンの量を増やせばよいのです。
女性ホルモンを増やすことで肌の状態もよくなりますし、子宮や卵巣の働きも活発になります。
方法としては規則正しい生活習慣を心がける、血のめぐりをよくするために体を冷やさないようにすることが大切です。
また食生活においては豆腐や豆乳など大豆イソフラボンを含む食材を積極的に摂取するのがよいでしょう。

 

女性ホルモンを増やすには?

背中ニキビが気になっている女性って意外に多いんです。
背中ニキビの原因と一つとなるのが、男性ホルモンの過剰分泌ですが、この男性ホルモンはストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどが原因となり自律神経のバランスが崩れることで、過剰に分泌されてしまいます。
背中ニキビをなくすには、女性ホルモンを増やしてあげればいいのですが、その方法にはどんなものがあるでしょうか。
まずは、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時から2時までの間にしっかりと寝る事。
乱れた食生活を改善し、特に女性ホルモンの一つであるエストロゲンによくにた構造をしたイソフラボンを含む大豆製品を食べる事、身体を程よく温め、冷え性にならないようにする事などがあげられます。
女性ホルモンを正常に分泌させることによって、背中ニキビは改善に向かいます。

 

女性ホルモンを増加させて背中のニキビケア

なかなか消えない背中ニキビにお悩みの方は多いのではないでしょうか。
シャンプーやリンスのすすぎ残しやビタミン不足など、原因はさまざまですが、もし何をしても効果が感じられないのであれば皮膚科治療も一つの手です。
なぜなら皮膚科で出されるホルモン剤で女性ホルモンを増加させることによって、背中ニキビの原因の一つである男性ホルモンを抑制し、皮脂量を減少させることで肌の状態を回復させることができるからです。
ただし、ホルモン剤は飲みはじめの時人によって吐き気を催すなど副作用があるので、心配な方は医師に相談して理解してからの服用をおすすめします。
正しく服用すれば次第に副作用も感じなくなるので、背中ニキビ対策の有効な手段として覚えておくのもいいでしょう。

 

背中ニキビの原因に男性ホルモンの過剰分泌がある

背中は実は皮脂の分泌量が多いところです。
皮脂の分泌量に関係しているのは男性ホルモンですが、男性ホルモンが過剰分泌されてホルモンのバランスが崩れてしまうと皮脂の分泌量が多くなり、毛穴がふさがれて角質ができ、背中ニキビができてしまいます。
男性ホルモンが過剰分泌になる原因は、ストレスや疲労などで緊張しているときに働く自律神経の働きが優位になってしまい、リラックスしている時間に働く副交感神経が本来働く時間にまで過剰に働いてしまうことが理由です。
男性ホルモンは男性に多く分泌されていますが、女性にもわずかですが分泌されています。
女性もストレスなどが原因で自律神経の働きが優位になると女性ホルモンのバランスが狂い男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうため背中ニキビができやすくなります。

 

男性ホルモンが多く分泌されると肌が敏感になる

女性の背中ニキビは、ストレスや生活習慣の乱れで男性ホルモンが増えることが原因の一つでもあります。
男性ホルモンが増えると肌も敏感肌になり、皮脂の分泌も増えて毛穴も詰まりやすくなります。
すると汗をかくと菌が増えてしまいニキビが出来てしまいます。
皮脂を綺麗に洗うようにして角質を溜め込まないようして、肌への負担を少なく程よい水分が保たれているとニキビも出来にくいです。
女性ホルモンの中でも、男性ホルモンに似た働きをするものがあります。
黄体ホルモンは、男性ホルモンと似た働きで皮脂の分泌を多くする働きを持っています。
黄体ホルモンが多いと皮脂量も増えて背中の毛穴も詰まり、背中ニキビが出来ます。
調整するには、避妊薬のピルでも可能です。
ホルモンバランスの変化を改善するには、毎日のスキンケアだけでなく、生活習慣の乱れを見直すことが大切です。

 

男性ホルモンは皮脂を過剰に分泌してしまう

ニキビとは基本的に毛穴に皮脂が詰まることで発生しますが、これは顔ニキビも背中ニキビも同じです。
顔などは適度に汚れを洗い落とした後に保湿を行うといったスキンケアをきちんとする事が多いですが、正直背中についてはそこまで手が回らず、顔はキレイでも背中にブツブツが目立つという方もいます。
では顔と同じようにケアを行えばよいかと言えばそうでもなく、いくら肌のケアを念入りにしていても自律神経のバランスが崩れていると、皮脂の分泌量が増えてやはり毛穴が詰まりやすくなります。
これは男性ホルモンの過剰分泌が原因で、ストレス等で自律神経のうち交感神経が優位に働くようになると男性ホルモンが分泌されてしまうためです。
男性ホルモンは皮脂腺を刺激して皮脂を分泌させる働きがありますから、結果としてニキビの原因となってしまうのです。

 

女性ホルモンと男性ホルモンのバランスを調整して背中ニキビ対策!

背中ニキビの原因は、アクネ菌やマセラチア菌ですがそれだけではニキビにはなりません。
皮脂の詰まった状態の肌に、菌が関与することで症状が出ます。
皮脂の分泌が盛んになって毛穴が詰まる原因には、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れたり、食生活の乱れやストレス、黄体ホルモン、石鹸の洗い残しなどがあります。
女性でも男性ホルモンを持っていて、背中ニキビができるのは男性ホルモンが原因です。
男性ホルモンは、皮脂の分泌を促す効果や肌を硬くする角質化を促進する効果があります。
どちらも毛穴を詰まらせる原因になるため、排出しきれない皮脂が毛穴の中で古い角質と混ざって毛穴を塞いでしまいます。
男性ホルモンが増えすぎて、バランスが崩れるとニキビも悪化します。
ケアには食事を整えて睡眠をたっぷりとって、生活習慣を改善することが大切です。
男性ホルモンも減り、バランスも良くなることで背中ニキビも出来にくい体質になります。

 

充分な睡眠で女性ホルモンの分泌量を高める

睡眠は、体のバランスを保つ上で、非常に重要です。
充分な睡眠は体機能を司る脳の働きを活発にし、女性ホルモンの分泌を促します。
早く寝て、朝の光を浴び早く起きることで、ドーパミンの働きが活発になり、一日の意欲が湧いてきます。
また、しっかりと朝食をとり、規則正しい生活の中に、セロトニンが発生し、心穏やかな気持ちが湧いてきます。
その穏やかな気持ちが、女性ホルモンの分泌につながってきます。
女性ホルモンが少なくなると、いろいろな生涯を引き起こし、更年期障害などにも繋がります。
良い睡眠の確保は健康の上でも大変重要です。
どんなに疲れていてもまた、忙しい日々でも、最低でも、一日7時間の睡眠時間は確保したいものです。