背中ニキビの原因の一つがホルモンバランスの低下

背中ニキビは他の部位に発生するニキビと同様で、毛穴の入り口が角栓によって塞がり、さらにアクネ菌が繁殖することで炎症を起こします。
角栓は古い角質と皮脂が混ざり合ったもので、背中を清潔に保つことが出来ずに角質が落とせなかったり、皮脂の分泌が多い人ほどニキビの発生確率は高くなります。
皮脂の分泌量は男性ホルモンに影響を受けるため、ホルモンバランスを保っていればニキビの発生率を抑えることができることにもなります。
男性ホルモンという名前から女性には関係なさそうに考えられますが、女性でも男性ホルモンはありますし、男性にも女性ホルモンは存在します。
女性ホルモンのバランスが崩れると、男性ホルモンが優位となりやすく、皮脂が多く分泌されてしまい、角栓ができやすく毛穴が詰まる結果となってしまいます。

 

ホルモンバランスが低下すると生理機能が低下する

女性はホルモンに影響されやすいですが、特に女性ホルモンの分泌が悪くなると肌に影響が出る事があります。
女性ホルモンは一言でいえば女性らしさを作るホルモンでもあります。
艶のある美しい肌と髪の毛を作ることにもなるのですが、それが減少すれば肌は乾燥し、乾燥することで敏感肌になります。
また乾燥肌になると実はニキビが出来やすくなる環境にななり、特に背中ニキビは乾燥した結果ともいえるニキビでもあります。
女性ホルモンに似た物質に大豆イソフラボンがあり、これは豆腐や納豆の様な豆製品から摂取することが出来、食事による内側からのケアも有効な方法です。
また保湿成分が配合されている化粧水などを利用することで敏感肌対策を取ることも良いです。
しかしホルモンバランスが乱れる原因を改善することが根本的な方法なので、ストレス発散や生活習慣の見直しなどで改善を目指しましょう。

 

ホルモンバランスの低下はアクネ菌を過剰分泌させてしまう

ホルモンバランスの低下は背中ニキビのリスクを高めます。
冷え性の方にニキビが多いのは、冷えによりホルモンバランスが乱れてしまうからです。
肌のターンオーバーにも乱れが生じ、アクネ菌を過剰分泌させるようになります。
ニキビの元が増えるわけですから、背中ニキビのリスクも高まります。
ニキビは皮脂増加が原因だと言われていますが、肌表面に存在するアクネ菌や食生活、睡眠リズムなども関係しています。
冷えが背中ニキビを誘発するのは、代謝不良により毒素を溜め込むからです。
アクネ菌の過剰分泌を抑制するためには、規則正しい生活が基本となります。
ストレスや寝不足はホルモンバランスを崩し、皮脂分泌も増やすので注意が必要です。
ストレスに悩んでいる方は、何よりも夜早く眠ることが大切です。

 

ホルモンバランスの低下は睡眠不足が原因かも

ホルモンバランスの低下により、背中ニキビが発生することがあります。
本来、背中という部位は皮脂量が非常に多く、身体の中でもニキビが発生しやすい部位なのです。
皮脂分泌が増えてしまう理由としては、食生活による皮脂の摂りすぎが挙げられますが、睡眠不足によるストレスも大きな原因となります。
睡眠不足がお肌に悪いことはずっと昔から知られていることであり、ターンオーバーのバランスを乱す要因ともなります。
肌にストレスを与えないためには、睡眠時間を8時間以上確保することです。
睡眠が不足すると人間は必ずストレスが溜まる仕組みになっており、心だけでなく身体もダメージを受けます。
背中ニキビに悩んでいる方は、1日9時間を目標に睡眠時間を確保してみましょう。

 

規則正しい生活を心がけてニキビを内側から治そう!

背中ニキビは、外側からのケアだけでなく生活習慣の改善が治すことや予防につながります。
皮膚のターンオーバーを正常化させるためには、しっかりと睡眠をとることやビタミン類などを多く含んだ食事など栄養バランスにも注意する必要があります。
十分な睡眠は、ストレス軽減にもつながります。
ストレスが溜まっていると自律神経である交感神経が刺激され、ニキビの原因となる糖質コルチノイドが作られるようになります。
睡眠は、時間だけでなく環境も重要になります。
清潔な寝具で十分な睡眠をとることは、ストレス緩和やニキビ発生を抑える予防になります。
背中は見えにくいため、鏡の向きを変えたりと初期段階のうちに発見するように心がけます。