それって本当に背中ニキビ?

治らない背中ニキビはマラセチア毛包炎かも?

背中ニキビが出来た為に市販の薬を使ったが全く治らないといった場合、それは背中ニキビではなくマラセチア毛包炎である可能性が非常に高い物となっています。
これは見た目がニキビと似ている物の発症原因は全く違っていて、カビの一種であるマラセチア菌によって引き起こされる物です。
このマラセチア菌はニキビの原因であるアクネ菌同様に皮脂を餌にする為に汗を掻きやすい夏やジメジメと湿った環境で増殖しやすい物となっているのですが、菌自体の構造が全く違う為にニキビとは発祥経緯や性質、治療法が全く違う物となっています。
この病気の予防法としては汗を掻いたらシャワーを浴びる等肌を清潔に保つ事が何よりも大切な事とされていますが、もし発症してしまった場合は背中ニキビかどうかを確かめる為に皮膚科に向かう事が薦められます。

 

マラセチア毛包炎は皮膚がどういう状態になっているの?

ニキビは顔だけでなく、背中や胸などにも出来るので、背中ニキビに悩まされている人が増えています。
ニキビはアクネ菌が原因ですが、背中にできるニキビはマラセチア菌という真菌が原因の可能性があります。
背中にマラセチア菌が増殖をすると、顔にできるニキビに比べると、痛みや痒みが少ない傾向がありませんが、ニキビと同様に皮膚の状態が赤いぶつぶつが出来ているため、ニキビと間違いやすい傾向があります。
マラセチア毛包炎は、自然に治癒するのは難しいですが、皮膚科に通院をして、抗真菌剤の塗り薬を処方されると、改善しやすいという特徴があります。
背中ニキビとマラセチア毛包炎は、似ていますが、治療法が違うので、皮膚科で診断をしてもらいましょう。

 

マラセチア菌を自力でなくすことはできない!

背中や胸にできるぽつぽつとしたできものは実はニキビだということをご存知ですか。
マラセチア菌と呼ばれており背中ニキビを始めとする顔以外のニキビはこの菌が原因といわれています。
マラセチア菌はカビの1種で毛穴が炎症を起こすという状態は顔のニキビの原因であるアクネ菌と同じですが、かゆみや痛みを伴わないことが多いのでかまわずに置いている人が多いことで知られています。
自然治癒することがほとんどない代わりに、きちんと専門の治療を受ければ肌がきれいになります。
外用薬や内服薬で治療することができますし、皮膚科医の処方する抗真菌薬を利用すれば1ヶ月ほどで効果が見られます。
マラセチアは皮脂と汗を好むため、体を清潔に保つことが必要です。

 

マラセチア毛包炎は皮膚科で治してもらおう!

背中ニキビの原因はマラセチア菌です。
皮膚科で治療を受ければ数ヶ月で完治しますし、自然治癒しないため、積極的に受診することがおすすめです。
マラセチア菌は肌に常在していますので、毛穴に菌が入り込んで発疹ができて炎症になってしまう場合とマラセチアが皮脂を分解したときの代謝物が原因で炎症を起こしてしまうとがあります。
皮膚科で処方される薬は抗真菌薬としてカビの生成を抑えこむ塗り薬が一般的です。
これらの薬にはミコナゾールやフロリードクリーム、ペキロンクリームなどがあります。
ほかに肌の角質層を柔軟にしてニキビ自体の発生を抑えるレチノイドがあります。
症状がひどい場合にはリンデロンなどのステロイドを処方される場合もあります。

 

マラセチア毛包炎も背中ニキビも毎日のスキンケアで予防しよう!

マラセチア毛包炎はニキビの原因となるアクネ菌とは異なり、カビの種類となる真菌が原因発生する小さな湿疹です。
1つや2つではなく、狭い範囲でブツブツができることからニキビに似て勘違いされやすいですが、カビであることから湿気を好み、夏場の蒸し暑い時期に発生しやすい症状となっています。
また、ニキビも汗から分泌される皮脂が毛穴に詰まることで炎症を起こしやすいので、暑くなってくる時期は毎日のスキンケアで肌を清潔に保つ必要があります。
顔などは鏡で見ることができ、丁寧にケアすることもできますが、背中ニキビはなかなか手が届かない部位なので、特に丁寧に行う必要があります。
汗をかいていると痒みやかぶれも引き起こすことがあるため、普段からタオルなどを持ち歩き、汗をかいたら皮膚を拭うなどして予防することも大切です。